FavoriteLoadingお気に入りに追加

渋野日向子のようなコンパクトが理想!? トップスイングの大きさは結局何が正解なの?
———————————————–
「トップの深さ」をヘッドの位置で見るのはナンセンス
「トップの大きさはどっちが良い?」はゴルファーにとって悩ましい課題の一つです。ビギナーにとって教科書的な位置として、正面から見て(ドライバー時)シャフトが地面と水平の位置を「トップの基本」としています。しかし実際には、それよりコンパクトでも飛ばせるゴルファーもいれば、オーバースイングでも方向性が高いゴルファーもいるのが現実です。
そもそも、トップは「大きさ」ではなく「深さ」を見ていますので、クラブヘッドの位置は参考程度にしかチェックしません。

 トップの「深さ」とは、軸を保った状態で上半身と肩がどこまで入れ替わっているか? のことです。肩だけを無理やり深い位置に持ってきても、スエーしすぎてはバランス(軸)が崩れてしまいます。軸がブレなくても、浅すぎてはインパクトまでに充分なスピードとパワーが得られません。

 トップにおけるクラブヘッドの位置は、コンパクト(ショートアーム)、オーバースイング(ロングアーム)などと区別しますが、飛距離よりもインパクトまでの軌道や再現性に影響が出ます。

Video: https://youtu.be/i6zV7kaoA2c

https://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2023/01/unnamed-file-176.jpghttps://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2023/01/unnamed-file-176-225x150.jpgtom渋野日向子渋野日向子のようなコンパクトが理想!? トップスイングの大きさは結局何が正解なの? ----------------------------------------------- 「トップの深さ」をヘッドの位置で見るのはナンセンス 「トップの大きさはどっちが良い?」はゴルファーにとって悩ましい課題の一つです。ビギナーにとって教科書的な位置として、正面から見て(ドライバー時)シャフトが地面と水平の位置を「トップの基本」としています。しかし実際には、それよりコンパクトでも飛ばせるゴルファーもいれば、オーバースイングでも方向性が高いゴルファーもいるのが現実です。 そもそも、トップは「大きさ」ではなく「深さ」を見ていますので、クラブヘッドの位置は参考程度にしかチェックしません。  トップの「深さ」とは、軸を保った状態で上半身と肩がどこまで入れ替わっているか? のことです。肩だけを無理やり深い位置に持ってきても、スエーしすぎてはバランス(軸)が崩れてしまいます。軸がブレなくても、浅すぎてはインパクトまでに充分なスピードとパワーが得られません。  トップにおけるクラブヘッドの位置は、コンパクト(ショートアーム)、オーバースイング(ロングアーム)などと区別しますが、飛距離よりもインパクトまでの軌道や再現性に影響が出ます。 Video: https://youtu.be/i6zV7kaoA2c国内女子ゴルフツアー、国内男子ゴルフツアー、PGAツアー、LPGAツアー、ゴルフスイング動画、ゴルフレッスン動画、人気ゴルフ番組など最新のゴルフ動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。