FavoriteLoadingお気に入りに追加

バンカーの壁にべったり 渋野日向子が覚悟した“壁ドン”の一打
—————————————————————————-
初日に2オーバーと出遅れ、2日目に挽回を期した渋野日向子は3バーディ・2ボギーの「71」とスコアをひとつ戻し、トータル1オーバーの45位タイで3日目に臨む。

強いアゲンストの風が吹きつける、1番から4番の難関ホールをどう乗り切るかがポイントだった。1番パー5では3打目を4メートルに寄せてバーディ発進。だが、2番パー4ではアゲンストのなか2打目を7番ウッドで打たされ、これがピンを大きくオーバーした。15メートル近い距離から3パットのボギー。「ロングパットが下手くそすぎる」と自戒のコメントを残したが、それでも2メートルほどのパーパットを沈め続け、流れを切らさなかった。

フォローの風となった6番パー5ではドライバーでフェアウェイを捉えると、ピンまで198ヤードの2打目を5番ユーティリティで2オンに成功。「乗ってくれてよかった。あの距離をユーティリティで打てるところまで飛んでいたのもよかった」とイーグルチャンスを演出した。ところが下り5メートルのイーグルトライは「下手くそすぎる(笑)」とカップをかすめずにオーバー。返しのパットを沈めたものの、スッキリしないバーディに表情は晴れない。

続く7番パー4では思いがけない一打を打たされる羽目になる。3番ウッドでフェアウェイに運ぶと、9番アイアンでの2打目は大きく左へ。グリーンを転がり、左バンカーに入った。「スコットランド(のコース)みたいな直角のところに行きやがって…」。ボールは高い壁にくっつくように止まっていた。

Video: https://youtu.be/0MNxtNXwqjw

https://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/11/unnamed-file-333.jpghttps://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/11/unnamed-file-333-225x150.jpgtom渋野日向子バンカーの壁にべったり 渋野日向子が覚悟した“壁ドン”の一打 ---------------------------------------------------------------------------- 初日に2オーバーと出遅れ、2日目に挽回を期した渋野日向子は3バーディ・2ボギーの「71」とスコアをひとつ戻し、トータル1オーバーの45位タイで3日目に臨む。 強いアゲンストの風が吹きつける、1番から4番の難関ホールをどう乗り切るかがポイントだった。1番パー5では3打目を4メートルに寄せてバーディ発進。だが、2番パー4ではアゲンストのなか2打目を7番ウッドで打たされ、これがピンを大きくオーバーした。15メートル近い距離から3パットのボギー。「ロングパットが下手くそすぎる」と自戒のコメントを残したが、それでも2メートルほどのパーパットを沈め続け、流れを切らさなかった。 フォローの風となった6番パー5ではドライバーでフェアウェイを捉えると、ピンまで198ヤードの2打目を5番ユーティリティで2オンに成功。「乗ってくれてよかった。あの距離をユーティリティで打てるところまで飛んでいたのもよかった」とイーグルチャンスを演出した。ところが下り5メートルのイーグルトライは「下手くそすぎる(笑)」とカップをかすめずにオーバー。返しのパットを沈めたものの、スッキリしないバーディに表情は晴れない。 続く7番パー4では思いがけない一打を打たされる羽目になる。3番ウッドでフェアウェイに運ぶと、9番アイアンでの2打目は大きく左へ。グリーンを転がり、左バンカーに入った。「スコットランド(のコース)みたいな直角のところに行きやがって…」。ボールは高い壁にくっつくように止まっていた。 Video: https://youtu.be/0MNxtNXwqjw国内女子ゴルフツアー、国内男子ゴルフツアー、PGAツアー、LPGAツアー、ゴルフスイング動画、ゴルフレッスン動画、人気ゴルフ番組など最新のゴルフ動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。