FavoriteLoadingお気に入りに追加

「むちゃくちゃ」から「ステディ」なゴルフへ 渋野日向子の『71』に詰まっていた感情
——————————————–
首位と4打差のトータル6アンダー・13位タイで、3戦ぶりの決勝ラウンド進出を決めた渋野日向子。リーダーボード上の結果だけを見ると上々にも思えるが、本人は「むちゃくちゃなゴルフ」に首をかしげる。

「こんなに騒がしいのも久しぶり。アンダーで回れたのはビックリ」。苦笑いを浮かべながら話すように、確かに本当にいろいろなことが起きた2日目だった。4番のボギーを5番パー5のバウンスバックで返した後の7番パー5では、ピン手前8メートルからのイーグルトライを決め拍手を浴びた。

8番では初日の13番に続いて2日続けてのチップインバーディを奪い、10番パー5では2打目を池に落としながらも、その後をパーでまとめあげた。11番では本人が“一番印象に残った”と振り返る、林のなかからのミラクルパーセーブも。『71』というスコアのなかには、“歓喜”、“不満”、“驚き”、“怒り”、そんな喜怒哀楽がつめこまれていた。

Video: https://youtu.be/6p9rSGMoF9s

https://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/71.jpghttps://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/71-225x150.jpgtom渋野日向子「むちゃくちゃ」から「ステディ」なゴルフへ 渋野日向子の『71』に詰まっていた感情 -------------------------------------------- 首位と4打差のトータル6アンダー・13位タイで、3戦ぶりの決勝ラウンド進出を決めた渋野日向子。リーダーボード上の結果だけを見ると上々にも思えるが、本人は「むちゃくちゃなゴルフ」に首をかしげる。 「こんなに騒がしいのも久しぶり。アンダーで回れたのはビックリ」。苦笑いを浮かべながら話すように、確かに本当にいろいろなことが起きた2日目だった。4番のボギーを5番パー5のバウンスバックで返した後の7番パー5では、ピン手前8メートルからのイーグルトライを決め拍手を浴びた。 8番では初日の13番に続いて2日続けてのチップインバーディを奪い、10番パー5では2打目を池に落としながらも、その後をパーでまとめあげた。11番では本人が“一番印象に残った”と振り返る、林のなかからのミラクルパーセーブも。『71』というスコアのなかには、“歓喜”、“不満”、“驚き”、“怒り”、そんな喜怒哀楽がつめこまれていた。 Video: https://youtu.be/6p9rSGMoF9s国内女子ゴルフツアー、国内男子ゴルフツアー、PGAツアー、LPGAツアー、ゴルフスイング動画、ゴルフレッスン動画、人気ゴルフ番組など最新のゴルフ動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。