FavoriteLoadingお気に入りに追加

渋野日向子が全英女子OP2日目に「73」で7位タイ後退も「よく耐えた」と“反撃宣言”をした理由とは?
————————————————————-
女子ゴルフの今季メジャー最終戦、AIG全英女子オープンの2日目が5日に英国スコットランド・ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で行われ、初日を首位発進した渋野日向子(23、サントリー)が1バーディー、3ボギーの73とスコアを崩した。通算4アンダーの7位タイへ後退した渋野日向子だが、8アンダーで単独首位に立ったチョン・インジ(27、韓国)とは4打差。5アンダーで5位タイの山下美夢有(21、加賀電子)を含めた34人がアンダーパーをマークする大混戦のなかで決勝ラウンドへ臨む。

「何も考えずに振った方がいいんだなと最終ホールで気がついた」
 リーダーボードの一番上から自分の名前が消えて久しい。2日目をオーバーパーで終える状況がほぼ確定していたのだから、首位を譲り渡すのも無理はなかった。
 それでも、渋野日向子はキャディの佐々木裕史氏と笑顔で会話をかわしながら、パーオンに成功した最終18番(パー4、422ヤード)のグリーンへ近づいてきた。

Video: https://youtu.be/5VvvieaCr1g

https://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/08/OP2737.jpghttps://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/08/OP2737-225x150.jpgtom渋野日向子渋野日向子が全英女子OP2日目に「73」で7位タイ後退も「よく耐えた」と“反撃宣言”をした理由とは? ------------------------------------------------------------- 女子ゴルフの今季メジャー最終戦、AIG全英女子オープンの2日目が5日に英国スコットランド・ガレーンのミュアフィールド(6680ヤード、パー71)で行われ、初日を首位発進した渋野日向子(23、サントリー)が1バーディー、3ボギーの73とスコアを崩した。通算4アンダーの7位タイへ後退した渋野日向子だが、8アンダーで単独首位に立ったチョン・インジ(27、韓国)とは4打差。5アンダーで5位タイの山下美夢有(21、加賀電子)を含めた34人がアンダーパーをマークする大混戦のなかで決勝ラウンドへ臨む。 「何も考えずに振った方がいいんだなと最終ホールで気がついた」  リーダーボードの一番上から自分の名前が消えて久しい。2日目をオーバーパーで終える状況がほぼ確定していたのだから、首位を譲り渡すのも無理はなかった。  それでも、渋野日向子はキャディの佐々木裕史氏と笑顔で会話をかわしながら、パーオンに成功した最終18番(パー4、422ヤード)のグリーンへ近づいてきた。 Video: https://youtu.be/5VvvieaCr1g国内女子ゴルフツアー、国内男子ゴルフツアー、PGAツアー、LPGAツアー、ゴルフスイング動画、ゴルフレッスン動画、人気ゴルフ番組など最新のゴルフ動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。