FavoriteLoadingお気に入りに追加

大王製紙エリエールレディス最終日

女子ゴルフ国内ツアー大王製紙エリエールレディスが20日、愛媛エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日を迎えた。 1日ぶりの通算6勝目となった。
1988年のツアー制導入後、史上2度目の白星を獲得。 2017年、2019年と賞金を獲得した28歳の鈴木愛(セールスフォース)が2位にランクイン。
鈴木は同じ最終組の藤田に敗れた。 2番でバーディを奪って2打差につけたが、7番ではボギー。それでも、彼女は8回目と9回目に連続バーディーで跳ね返った。
11番で1本、13番で藤田がバーディー。首位を譲った。彼女の15番はカラーからパターをぶつけられたが、1年4ヶ月ぶりに18回目のツアー通算優勝を逃した。
ラウンド後、「やったから悔しいけど悔いはない」と涙を流した。 「11番だけ…」彼女はボギーを悔やんだ。この大会では、彼女は勝つことを意識しないようにしました。
彼女は今シーズン、29 試合で 6 回しか出場権を獲得できませんでしたが、チャンピオンシップの争いから抜け出し、トップ 10 に入ったのは 5 回だけです。
10月は金田久美子が11年189日ぶりの優勝。藤田は2011年10月の富士通レディース以来11年と35日ぶりの優勝を果たし、金田に次ぐ史上2度目のブランクとなった。鈴木はシニアプロの優勝直後、涙ながらに彼女を抱きしめ、愛情を込めて背中を撫でて彼女を称賛した.
「正直なところ、(藤田)は11年間チャンピオンを獲得していないとは感じていませんでした。彼は昨日からとてもいいプレーをしている。
昨日も言いましたが、2人で負けて勝ち争いはしたくないので、2人でしっかりゴルフをしながら勝ち争いができました。僕もいいプレーをしたけど、斉木さんはもっとうまくプレーできたんじゃないかな」
来週は今シーズンのツアー最終戦。 「来週が最後の試合だから負けない。最終目標はリコーだったので、そこを調整して頑張りたい」と話した。私は向きを変えた。

https://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/11/V-11V-.jpghttps://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/11/V-11V--225x150.jpgtom鈴木愛大王製紙エリエールレディス最終日 女子ゴルフ国内ツアー大王製紙エリエールレディスが20日、愛媛エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日を迎えた。 1日ぶりの通算6勝目となった。 1988年のツアー制導入後、史上2度目の白星を獲得。 2017年、2019年と賞金を獲得した28歳の鈴木愛(セールスフォース)が2位にランクイン。 鈴木は同じ最終組の藤田に敗れた。 2番でバーディを奪って2打差につけたが、7番ではボギー。それでも、彼女は8回目と9回目に連続バーディーで跳ね返った。 11番で1本、13番で藤田がバーディー。首位を譲った。彼女の15番はカラーからパターをぶつけられたが、1年4ヶ月ぶりに18回目のツアー通算優勝を逃した。 ラウンド後、「やったから悔しいけど悔いはない」と涙を流した。 「11番だけ…」彼女はボギーを悔やんだ。この大会では、彼女は勝つことを意識しないようにしました。 彼女は今シーズン、29 試合で 6 回しか出場権を獲得できませんでしたが、チャンピオンシップの争いから抜け出し、トップ 10 に入ったのは 5 回だけです。 10月は金田久美子が11年189日ぶりの優勝。藤田は2011年10月の富士通レディース以来11年と35日ぶりの優勝を果たし、金田に次ぐ史上2度目のブランクとなった。鈴木はシニアプロの優勝直後、涙ながらに彼女を抱きしめ、愛情を込めて背中を撫でて彼女を称賛した. 「正直なところ、(藤田)は11年間チャンピオンを獲得していないとは感じていませんでした。彼は昨日からとてもいいプレーをしている。 昨日も言いましたが、2人で負けて勝ち争いはしたくないので、2人でしっかりゴルフをしながら勝ち争いができました。僕もいいプレーをしたけど、斉木さんはもっとうまくプレーできたんじゃないかな」 来週は今シーズンのツアー最終戦。 「来週が最後の試合だから負けない。最終目標はリコーだったので、そこを調整して頑張りたい」と話した。私は向きを変えた。国内女子ゴルフツアー、国内男子ゴルフツアー、PGAツアー、LPGAツアー、ゴルフスイング動画、ゴルフレッスン動画、人気ゴルフ番組など最新のゴルフ動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。