FavoriteLoadingお気に入りに追加

実際、3番ウッドは難しいクラブだし、道具の進化で5番ウッドの飛距離がひと昔前と比べて大きく伸びている。故に、一般アマチュア3番ウッド不要論も納得できなくはない。しかし、パー5でドライバーが会心の当たり、フェアウェイキープ。ライは平ら。グリーンに向かってOBの心配をする必要がないくらい広々としている状況。そんなケース、3番ウッドを手にツーオン狙いの勝負がしたい。何より芝からボールを遠くに飛ばせる3番ウッド、ナイスショットの快感はほかのクラブにない独特のものがある。
とはいえ、スコアアップのヒントあれこれ、を謳っている当局。宮本も、基本ミスショット率の高い冒険は避けよう、といった教えを展開している。となれば、練習場である程度打ちこなせるようにしておこう、という狙いで企画した今回のレッスン。動画を参考に、宮本が提案してくれたライナー打ちに励んでみよう。その先に、コースで3番ウッドを使いこなしてワンランク上のレベルにいる、あなたの姿が見えてくる。

■関連動画 《第131回》距離感・50~80ヤードに強くなる 心地よい振り幅ドリル 以前は手元が右胸~左胸、右肩~左肩等の振り幅で打ったときの飛距離を基準にしよう、と習ったが、今回はそれとは逆に(?)

《目次》
00:00 今回のテーマ
01:24 3つの条件
02:59 ライナー打ちのコツ
06:24 払い打ち問題
08:00 高弾道はクラブで
08:39 もうワンポイント

宮本勝昌(みやもと・かつまさ) 1972年生まれ、静岡県出身。95年プロ転向、ツアー通算12勝(2022年8月終了時点)。2006年~11年にかけて国内151試合連続出場の記録保持者。40代になっても安定した成績を残し続け、‘16年9月には史上9人目となる生[ 涯獲得賞金10億円突破の偉業も成し遂げる。過去、選手会長を計3期務めるなど人望も厚い。’22年9月シニアツアーデビュー。シーミュージック所属

▼当局チャンネル登録はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UCCq_dbdfnPRBG_PJZiVONvw

企画・制作/伊藤昇市
四半世紀以上に渡ってゴルフ雑誌の記者・編集業に従事し、主に巻頭、センターの特集ページを担当。合わせて連載ページも数多く手がける。後にムック本化された作品に『芹澤信雄・番手別アイアンのツボ』『ゴルフは3打目勝負』『伊澤利光・アイアンのツボ』『藤田寛之&宮本勝昌コラボレッスン』『森守洋の今どきダウンブロー指南』『田中秀道のレッスン真常識』など。また、米国にてブッチ・ハーモン、デーブ・ペルツを取材~短期連載も。活版ページでは『宮本勝昌~スイング探求の手引き~』『湯原信光 スイングの核心』ほか、書籍では『堀尾研仁 ゴルフがたちまち上手くなる本』『田原紘のゴルフコース攻略論』等の刊行に携わる。ホームコースハンディキャップ8。過去、宮本とのラウンドの際「(両手シングルという宮本の知人の)〇〇さんと比べて、伊藤さんの8は、まぁ、納得がいくかな」とお褒めの言葉を授かった実績あり

取材協力/太平洋クラブ御殿場コース
     チームセリザワ ゴルフアカデミー

#初心者から上級者まで納得のレッスン

https://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/11/3132.jpghttps://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/11/3132-225x150.jpgtom宮本勝昌実際、3番ウッドは難しいクラブだし、道具の進化で5番ウッドの飛距離がひと昔前と比べて大きく伸びている。故に、一般アマチュア3番ウッド不要論も納得できなくはない。しかし、パー5でドライバーが会心の当たり、フェアウェイキープ。ライは平ら。グリーンに向かってOBの心配をする必要がないくらい広々としている状況。そんなケース、3番ウッドを手にツーオン狙いの勝負がしたい。何より芝からボールを遠くに飛ばせる3番ウッド、ナイスショットの快感はほかのクラブにない独特のものがある。 とはいえ、スコアアップのヒントあれこれ、を謳っている当局。宮本も、基本ミスショット率の高い冒険は避けよう、といった教えを展開している。となれば、練習場である程度打ちこなせるようにしておこう、という狙いで企画した今回のレッスン。動画を参考に、宮本が提案してくれたライナー打ちに励んでみよう。その先に、コースで3番ウッドを使いこなしてワンランク上のレベルにいる、あなたの姿が見えてくる。 ■関連動画 《第131回》距離感・50~80ヤードに強くなる 心地よい振り幅ドリル 以前は手元が右胸~左胸、右肩~左肩等の振り幅で打ったときの飛距離を基準にしよう、と習ったが、今回はそれとは逆に(?) https://youtu.be/DqT27y68iHs 《目次》 00:00 今回のテーマ 01:24 3つの条件 02:59 ライナー打ちのコツ 06:24 払い打ち問題 08:00 高弾道はクラブで 08:39 もうワンポイント 宮本勝昌(みやもと・かつまさ) 1972年生まれ、静岡県出身。95年プロ転向、ツアー通算12勝(2022年8月終了時点)。2006年~11年にかけて国内151試合連続出場の記録保持者。40代になっても安定した成績を残し続け、‘16年9月には史上9人目となる生[ 涯獲得賞金10億円突破の偉業も成し遂げる。過去、選手会長を計3期務めるなど人望も厚い。’22年9月シニアツアーデビュー。シーミュージック所属 ▼当局チャンネル登録はこちらから https://www.youtube.com/channel/UCCq_dbdfnPRBG_PJZiVONvw 企画・制作/伊藤昇市 四半世紀以上に渡ってゴルフ雑誌の記者・編集業に従事し、主に巻頭、センターの特集ページを担当。合わせて連載ページも数多く手がける。後にムック本化された作品に『芹澤信雄・番手別アイアンのツボ』『ゴルフは3打目勝負』『伊澤利光・アイアンのツボ』『藤田寛之&宮本勝昌コラボレッスン』『森守洋の今どきダウンブロー指南』『田中秀道のレッスン真常識』など。また、米国にてブッチ・ハーモン、デーブ・ペルツを取材~短期連載も。活版ページでは『宮本勝昌~スイング探求の手引き~』『湯原信光 スイングの核心』ほか、書籍では『堀尾研仁 ゴルフがたちまち上手くなる本』『田原紘のゴルフコース攻略論』等の刊行に携わる。ホームコースハンディキャップ8。過去、宮本とのラウンドの際「(両手シングルという宮本の知人の)〇〇さんと比べて、伊藤さんの8は、まぁ、納得がいくかな」とお褒めの言葉を授かった実績あり 取材協力/太平洋クラブ御殿場コース      チームセリザワ ゴルフアカデミー #初心者から上級者まで納得のレッスン国内女子ゴルフツアー、国内男子ゴルフツアー、PGAツアー、LPGAツアー、ゴルフスイング動画、ゴルフレッスン動画、人気ゴルフ番組など最新のゴルフ動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。