FavoriteLoadingお気に入りに追加

【ご報告とお詫び】この動画の配信日’22年9月18日時点、宮本勝昌、レギュ
ラー、シニア両ツアーの賞金シード獲得を目指し、16連戦の真っ只中、奮闘中
です。そのため本局の取材、撮影日の確保が極めて厳しくなり、配信ペースを
遅らせざるを得ない状況となってしまいました。両ツアーで戦うことに宮本自
身、ある程度の予測を立て、スケジュールを組んでくれていましたが、なにぶ
ん、これまでとは異なるシーズン後半戦。体のケアやスイング調整等、プレッ
シャーも2倍となった環境に、配信側としても無理は言えません。つきまして
はしばらくの間、宮本の都合に合わせた撮影、配信ペースとなることをお許し
下さいませ。合わせまして誠に勝手ながら、これまでと変わらぬご支援、ご声
援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。《スタッフ 伊藤》

◆宮本、シニアツアーデビュー第2戦 日本シニアオープン(9月15~18日、
滋賀県・タラオCC西C)
予選ラウンド2日間はトータル1アンダー(70・73)。➡首位と7打差12位タイで
決勝ラウンド進出。
決勝ラウンド3日目、風が強い悪条件の中、この日のベストスコアとなる
69をマーク ➡4アンダーとして単独3位に浮上(首位とは6打差)。
最終日も台風14号の影響による風に加え、刻一刻と天候が変わる
バッドコンディション ➡前半3つスコアを落とすも
10番イーグル、13番バーディでスタート時のスコアに戻す。
しかし、14番、18番でボギーを叩いてToday+2。4日間通算2アンダー、
6位タイで終えた。(優勝はP・マークセン-12)
前週のコマツオープン7位タイに次いでベスト10入りは果たすも……。
「ミスが多くて、それを取り返すのが大変な4日間でした。でも、思うような
プレーができずに苦しい中、粘る強く最後までやれたと思います。先週よりも
調子は上向き? うーん……、ほんのちょっとだけですね。まだまだ修正点が
あるので調整して、次戦(レギュラーツアーのパナソニックオープン、9月22~
25日、兵庫県・小野東洋GC)に備えたいと思います。」 (宮本)

《目次》
00:00 ソールにシール
02:41 敢えて擦らせて
05:27 芹澤さんの解説①
07:11 ライ角の基準ほか
10:20 擦った向きの件
11:12 ヒール側から?
13:57 診断は外で

宮本勝昌(みやもと・かつまさ) 1972年生まれ、静岡県出身。95年プロ転向、ツアー通算12勝(2022年8月終了時点)。2006年~11年にかけて国内151試合連続出場の記録保持者。40代になっても安定した成績を残し続け、‘16年9月には史上9人目となる生[ 涯獲得賞金10億円突破の偉業も成し遂げる。過去、選手会長を計3期務めるなど人望も厚い。’22年9月シニアツアーデビュー。シーミュージック所属

▼当局チャンネル登録はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UCCq_dbdfnPRBG_PJZiVONvw

企画・制作/伊藤昇市
四半世紀以上に渡ってゴルフ雑誌の記者・編集業に従事し、主に巻頭、センターの特集ページを担当。合わせて連載ページも数多く手がける。後にムック本化された作品に『芹澤信雄・番手別アイアンのツボ』『ゴルフは3打目勝負』『伊澤利光・アイアンのツボ』『藤田寛之&宮本勝昌コラボレッスン』『森守洋の今どきダウンブロー指南』『田中秀道のレッスン真常識』など。また、米国にてブッチ・ハーモン、デーブ・ペルツを取材~短期連載も。活版ページでは『宮本勝昌~スイング探求の手引き~』『湯原信光 スイングの核心』ほか、書籍では『堀尾研仁 ゴルフがたちまち上手くなる本』『田原紘のゴルフコース攻略論』等の刊行に携わる。ホームコースハンディキャップ8。過去、宮本とのラウンドの際「(両手シングルという宮本の知人の)〇〇さんと比べて、伊藤さんの8は、まぁ、納得がいくかな」とお褒めの言葉を授かった実績あり

取材協力/太平洋クラブ御殿場コース
     チームセリザワ ゴルフアカデミー

#初心者から上級者まで納得のレッスン

https://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/120.jpghttps://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/120-225x150.jpgtom宮本勝昌【ご報告とお詫び】この動画の配信日’22年9月18日時点、宮本勝昌、レギュ ラー、シニア両ツアーの賞金シード獲得を目指し、16連戦の真っ只中、奮闘中 です。そのため本局の取材、撮影日の確保が極めて厳しくなり、配信ペースを 遅らせざるを得ない状況となってしまいました。両ツアーで戦うことに宮本自 身、ある程度の予測を立て、スケジュールを組んでくれていましたが、なにぶ ん、これまでとは異なるシーズン後半戦。体のケアやスイング調整等、プレッ シャーも2倍となった環境に、配信側としても無理は言えません。つきまして はしばらくの間、宮本の都合に合わせた撮影、配信ペースとなることをお許し 下さいませ。合わせまして誠に勝手ながら、これまでと変わらぬご支援、ご声 援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。《スタッフ 伊藤》 ◆宮本、シニアツアーデビュー第2戦 日本シニアオープン(9月15~18日、 滋賀県・タラオCC西C) 予選ラウンド2日間はトータル1アンダー(70・73)。➡首位と7打差12位タイで 決勝ラウンド進出。 決勝ラウンド3日目、風が強い悪条件の中、この日のベストスコアとなる 69をマーク ➡4アンダーとして単独3位に浮上(首位とは6打差)。 最終日も台風14号の影響による風に加え、刻一刻と天候が変わる バッドコンディション ➡前半3つスコアを落とすも 10番イーグル、13番バーディでスタート時のスコアに戻す。 しかし、14番、18番でボギーを叩いてToday+2。4日間通算2アンダー、 6位タイで終えた。(優勝はP・マークセン-12) 前週のコマツオープン7位タイに次いでベスト10入りは果たすも……。 「ミスが多くて、それを取り返すのが大変な4日間でした。でも、思うような プレーができずに苦しい中、粘る強く最後までやれたと思います。先週よりも 調子は上向き? うーん……、ほんのちょっとだけですね。まだまだ修正点が あるので調整して、次戦(レギュラーツアーのパナソニックオープン、9月22~ 25日、兵庫県・小野東洋GC)に備えたいと思います。」 (宮本) 《目次》 00:00 ソールにシール 02:41 敢えて擦らせて 05:27 芹澤さんの解説① 07:11 ライ角の基準ほか 10:20 擦った向きの件 11:12 ヒール側から? 13:57 診断は外で 宮本勝昌(みやもと・かつまさ) 1972年生まれ、静岡県出身。95年プロ転向、ツアー通算12勝(2022年8月終了時点)。2006年~11年にかけて国内151試合連続出場の記録保持者。40代になっても安定した成績を残し続け、‘16年9月には史上9人目となる生[ 涯獲得賞金10億円突破の偉業も成し遂げる。過去、選手会長を計3期務めるなど人望も厚い。’22年9月シニアツアーデビュー。シーミュージック所属 ▼当局チャンネル登録はこちらから https://www.youtube.com/channel/UCCq_dbdfnPRBG_PJZiVONvw 企画・制作/伊藤昇市 四半世紀以上に渡ってゴルフ雑誌の記者・編集業に従事し、主に巻頭、センターの特集ページを担当。合わせて連載ページも数多く手がける。後にムック本化された作品に『芹澤信雄・番手別アイアンのツボ』『ゴルフは3打目勝負』『伊澤利光・アイアンのツボ』『藤田寛之&宮本勝昌コラボレッスン』『森守洋の今どきダウンブロー指南』『田中秀道のレッスン真常識』など。また、米国にてブッチ・ハーモン、デーブ・ペルツを取材~短期連載も。活版ページでは『宮本勝昌~スイング探求の手引き~』『湯原信光 スイングの核心』ほか、書籍では『堀尾研仁 ゴルフがたちまち上手くなる本』『田原紘のゴルフコース攻略論』等の刊行に携わる。ホームコースハンディキャップ8。過去、宮本とのラウンドの際「(両手シングルという宮本の知人の)〇〇さんと比べて、伊藤さんの8は、まぁ、納得がいくかな」とお褒めの言葉を授かった実績あり 取材協力/太平洋クラブ御殿場コース      チームセリザワ ゴルフアカデミー #初心者から上級者まで納得のレッスン国内女子ゴルフツアー、国内男子ゴルフツアー、PGAツアー、LPGAツアー、ゴルフスイング動画、ゴルフレッスン動画、人気ゴルフ番組など最新のゴルフ動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。