FavoriteLoadingお気に入りに追加

今回も前回に続き、コメント欄に寄せられた質問をテーマにレッスン。
スイングプレーン。クラブが、もしくはシャフトがスイングに通るべき、
理想的な軌道といったところであり、平面や直線で示されるものでなく、
手元が右腰の高さ辺りから角度が変わって上がる、などの説もある。
なお、ティーチングプロの中には、スイングプレーン至上主義者がいる。
スイング分析機を使うなどして、理想とするプレーンを表示。ゴルフが
うまくなりたいのなら、一にも二にも、そのプレーンに沿ってスイング
できるように頑張りましょう、と教えるものだ。否定をする気は一切ない。
実際、プレーン重視で上達した人も山ほどいるだろう。ただ、一方で
「クラブの通り道を意識するあまり、ヘッドの走りが悪くなり飛距離も
落ちてしまった」という声も。対して「それはやはり、プレーンが
ズレてるからですねぇ」と教えるのは、いかがなものかと筆者は思う。
宮本も、決してプレーン至上主義を否定していない。テークバックでは、
師匠(芹澤信雄)の教えどおり、常にプレーンをなぞるように心がけている。
ただし、それほど意識はしていない。極端な話、スイングプレーンなど
あまり考えずにゴルフ人生を歩み続けている。そんな背景の中、言葉選びも
慎重に、視聴者からの質問に懸命に答えようとする宮本に、ご声援を。

宮本勝昌(みやもと・かつまさ) 1972年生まれ、静岡県出身。95年プロ転向、ツアー通算12勝(2021年シーズン終了時点)。2006年~11年にかけて国内151試合連続出場の記録保持者。40代になっても安定した成績を残し続け、2016年9月には史上9人目となる生[ 涯獲得賞金10億円突破の偉業も成し遂げる。過去、選手会長を計3期務めるなど人望も厚い。シーミュージック所属

▼当局チャンネル登録はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UCCq_dbdfnPRBG_PJZiVONvw

《目次》
00:00 今回のテーマ
01:11 いきなりブレーク
02:10 宮本のプレーン
03:37 チェック法①
05:28 注意ポイント
07:15 チェック法②
08:44 チェック法③
10:50 締めの挨拶

企画・制作/伊藤昇市
四半世紀以上に渡ってゴルフ雑誌の記者・編集業に従事し、主に巻頭、センターの特集ページを担当。合わせて連載ページも数多く手がける。後にムック本化された作品に『芹澤信雄・番手別アイアンのツボ』『ゴルフは3打目勝負』『伊澤利光・アイアンのツボ』『藤田寛之&宮本勝昌コラボレッスン』『森守洋の今どきダウンブロー指南』『田中秀道のレッスン真常識』など。また、米国にてブッチ・ハーモン、デーブ・ペルツを取材~短期連載も。活版ページでは『宮本勝昌~スイング探求の手引き~』『湯原信光 スイングの核心』ほか、書籍では『堀尾研仁 ゴルフがたちまち上手くなる本』『田原紘のゴルフコース攻略論』等の刊行に携わる。ホームコースハンディキャップ8。過去、宮本プロとのラウンドの際「(両手シングルという知人の)〇〇さんと比べて、伊藤さんの8は、まぁ、納得がいくかな」とお褒めの言葉を授かった実績あり

取材協力/太平洋クラブ御殿場コース
     チームセリザワ ゴルフアカデミー

#初心者から上級者まで納得のレッスン

https://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/08/108.jpghttps://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/08/108-225x150.jpgtom宮本勝昌今回も前回に続き、コメント欄に寄せられた質問をテーマにレッスン。 スイングプレーン。クラブが、もしくはシャフトがスイングに通るべき、 理想的な軌道といったところであり、平面や直線で示されるものでなく、 手元が右腰の高さ辺りから角度が変わって上がる、などの説もある。 なお、ティーチングプロの中には、スイングプレーン至上主義者がいる。 スイング分析機を使うなどして、理想とするプレーンを表示。ゴルフが うまくなりたいのなら、一にも二にも、そのプレーンに沿ってスイング できるように頑張りましょう、と教えるものだ。否定をする気は一切ない。 実際、プレーン重視で上達した人も山ほどいるだろう。ただ、一方で 「クラブの通り道を意識するあまり、ヘッドの走りが悪くなり飛距離も 落ちてしまった」という声も。対して「それはやはり、プレーンが ズレてるからですねぇ」と教えるのは、いかがなものかと筆者は思う。 宮本も、決してプレーン至上主義を否定していない。テークバックでは、 師匠(芹澤信雄)の教えどおり、常にプレーンをなぞるように心がけている。 ただし、それほど意識はしていない。極端な話、スイングプレーンなど あまり考えずにゴルフ人生を歩み続けている。そんな背景の中、言葉選びも 慎重に、視聴者からの質問に懸命に答えようとする宮本に、ご声援を。 宮本勝昌(みやもと・かつまさ) 1972年生まれ、静岡県出身。95年プロ転向、ツアー通算12勝(2021年シーズン終了時点)。2006年~11年にかけて国内151試合連続出場の記録保持者。40代になっても安定した成績を残し続け、2016年9月には史上9人目となる生[ 涯獲得賞金10億円突破の偉業も成し遂げる。過去、選手会長を計3期務めるなど人望も厚い。シーミュージック所属 ▼当局チャンネル登録はこちらから https://www.youtube.com/channel/UCCq_dbdfnPRBG_PJZiVONvw 《目次》 00:00 今回のテーマ 01:11 いきなりブレーク 02:10 宮本のプレーン 03:37 チェック法① 05:28 注意ポイント 07:15 チェック法② 08:44 チェック法③ 10:50 締めの挨拶 企画・制作/伊藤昇市 四半世紀以上に渡ってゴルフ雑誌の記者・編集業に従事し、主に巻頭、センターの特集ページを担当。合わせて連載ページも数多く手がける。後にムック本化された作品に『芹澤信雄・番手別アイアンのツボ』『ゴルフは3打目勝負』『伊澤利光・アイアンのツボ』『藤田寛之&宮本勝昌コラボレッスン』『森守洋の今どきダウンブロー指南』『田中秀道のレッスン真常識』など。また、米国にてブッチ・ハーモン、デーブ・ペルツを取材~短期連載も。活版ページでは『宮本勝昌~スイング探求の手引き~』『湯原信光 スイングの核心』ほか、書籍では『堀尾研仁 ゴルフがたちまち上手くなる本』『田原紘のゴルフコース攻略論』等の刊行に携わる。ホームコースハンディキャップ8。過去、宮本プロとのラウンドの際「(両手シングルという知人の)〇〇さんと比べて、伊藤さんの8は、まぁ、納得がいくかな」とお褒めの言葉を授かった実績あり 取材協力/太平洋クラブ御殿場コース      チームセリザワ ゴルフアカデミー #初心者から上級者まで納得のレッスン国内女子ゴルフツアー、国内男子ゴルフツアー、PGAツアー、LPGAツアー、ゴルフスイング動画、ゴルフレッスン動画、人気ゴルフ番組など最新のゴルフ動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。