FavoriteLoadingお気に入りに追加
【桑田泉のクォーター理論】日本一のレッスンプロがあなたの悩みを速攻で解決してくれます!
【基本編】100切りゴルフの準備とコース戦略
【実践編】90切りゴルフの準備とコース戦略
【上級編】80切りゴルフの準備とコース戦略

http://m-md.net/info/qt90 ←どんな傾斜でも的確に当てるアイアン、しっかりと 2打で上がれるパッティングが、思ったままに打てるようになるための、画期的なゴルフ理論がここにあります。

もしあなたが、「ゴルフ中毒」で、
「90の壁を破りたい!」と強く思っているのなら、今回のご案内はとても重要です。

なぜなら、多くの方が同じように再現できる方法で、
「90切りを当たり前」にする技術を習得できるチャンスだから。

ドライバーショットも、そこそこ安定している。調子が良いときは、2パットであが。
そこまで技術を習得しているあなたが、なぜ、「90の壁」を破れずにくすぶり続けているのか?
その答えは、あなたが、「ある2つの技術」をまだ習得できていないことにあります。

桑田泉のクォーター理論 上級編 80切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット
>> http://m-md.net/info/qt80
桑田泉のクォーター理論 ~100切りゴルフの準備とコース戦略
>> http://m-md.net/info/kuwataizumi

今から、あなたの90切りを阻む原因を明らかにし、
その解決方法をこのページでお伝えさせていただきます。

きっと、あなたほどゴルフが好きな人なら、

・曲がりさえするが、ドライバーショットは、そこそこ安定している
・調子が良いときは、2パットであがれる
・パーも、1~2個は取れる

など、方向も、距離も、ある程度は正確に打てる技術は、すでに習得済みでしょう。

それなのに、なぜ、90の壁が破れないままなのか?

それは決して、あなたにセンスがないからでも、練習不足だからでもありません。

もちろん、使っている道具が悪いというわけでもありません。

あなたが、どれだけ練習をかさねても90を切れずにいるのは、
90切りに必要な的確なアドバイスを、
誰もあなたに教えることができなかったからです。

思いだしてみてください…
あなたが、これまで学んできたゴルフは、

「ボールをよく見ろ」
「ボールに直接当てろ」
「フォローで打て」

など、こんなアドバイスではありませんでしたか?

きっと、耳が痛くなるほど、何度もおなじアドバイスを聞いてきたことでしょう。

事実、上手い人たちは、みんな口を揃えておなじようなアドバイスをしますが、
これらは、あなたが90の壁を破るうえで、「すべて不要」なアドバイスなのです。

それどころか、あなたの上達を遠まわりさせているだけ。

では、あなたが90の壁を破るために必要なものとは、いったい何なのか?

今から、そのすべてを明らかにします。

なぜ今回、「90切り」がテーマなのか?

・スライスやザックリ、トップでスコアがまとまらない…
・音はいいのに、ボールは飛ばない…
・肝心な場面で、チョロしてしまう…
・新しいクラブを買って期待したけれど、
・あまり飛距離は変わらない…
・あり得ない場面でOBしてしまう…

極めつけは、ワンオンしてからの3パット。
「もういいや…」と思って投げやりに打った10センチのパットまで外してしまう…。

あなたにも、心当たりはありませんか?

練習場ではあんなに良いショットができたのに、コースではボロボロ…。
その結果、90どころか100以上叩いてしまった、
という方があまりにもたくさんいらっしゃいます。

そこそこ上手くなってきたのに、なぜ、こんなミスが続くのか?

それは、ドライバーなどのショットの腕を磨くことばかりに力を入れ、
「90を切るために必要な技術の習得」が、まったくできていないからです。

思いだしてみてください。

あなたは、練習場へいけば、ドライバーをブンブン振りまわし、コースに出れば、
ろくにパットの練習もしないで回る、なんてことをくり返していませんか?

これでは、永遠に90の壁は破れません…
その理由は、「スコアを良くする練習」をまったくしていないから。

たとえ、どれだけドライバーの飛距離が伸びたとしても、90の壁は破れません。
誰よりも飛ばしたところで、ドライバーは1ラウンドに「14回」しか打ちません。

90切りは、170~200ヤード程度飛ばせるのなら、もうそれだけで十分なのです。

■あなたが、90を切りたいと思うなら、それよりも重視すべき大切なことがあります。

それは、90切りに必要な「2つの技術」を徹底的に磨くこと。

その技術とは、

正確にボギーオンするアイアンの技術
必ず2パットで上がれるパッティングの技術
この2つです。

90切りは、ボギーオンで十分
全ホールをボギーでプレーすれば、スコアは90になります。

つまり、90を切る(80台でまわる)には、
「ボギーオン」を目指さなくてはなりません。

各ホール2パットを基準にすると、「90-36=54」、
1ラウンドのショット数を54以内にすれば、90を切る可能性は、
かなり高くなりますよね。

そのなかで、たった1つだけ「ラッキーなパー」を取れば、スコアは89になるので、
無理してドライバーで距離を稼がなくても、簡単に90は切れる計算になります。

90切りには、ボギーオンで十分。

頑張ってパーを狙って大叩きすることはないのです。

「あと20ヤード飛びさえすれば…」と、悩んでいるあなたは、
何も無理をしてまでドライバーの飛距離を伸ばそうとする必要はないのです。

90の壁を破れずに悩んでいる方の多くは、

正確にボギーオンするアイアンの技術
必ず2パットであがれるパッティングの技術
この2つの技術をほとんど練習していません。

その重要性は、十分に理解していながらも…、です。

その結果、ドライバーの飛距離を伸ばす練習ばかりに時間を費やし、
スコアに直結するこれらの練習は、後まわしにしてしまっているというわけです。

あなたにも、心当たりがありませんか?

これは、本当にもったいないことです。

あと2つの技術さえ習得してしまえば、
あなたは、安定して90を切れるようになるのですから。

だからこそ今回、あなたにこの2つの技術をマスターする方法をお伝えしたいのです。

詳しくは、今すぐこちらのページをご覧ください。
>> http://m-md.net/info/qt90

■練習場では上手く打てたとしても、
そのイメージでスイングしても、コースではアイアンが崩れてしまう。

きっと、あなたもこんな経験をしたことがあるはずです。

でもなぜ、こんなことが起こるのか?

それは…、

コース設計者の仕掛けた罠にハマっているのです
ゴルフコース設計者の仕掛けた罠とは何か?

その正体は、傾斜です。

言うまでもなく、2打目以降のすべてのショットには、
大なり小なり傾斜がありますよね。

実は、この傾斜が、練習場のマットの上では上手く打てるのに、
コースになると崩れてしまうという問題を引き起こす一番の原因なのです。

もし、アドレスを構えたとき、カラダが斜めになっていると感じるほどの
急な傾斜であれば、あなたも傾斜を意識して、注意深くアイアンを振り下ろすでしょう。

でも、グリーンからフェアウェイを振り返ったとき、
「うわ、さっきのコース、こんな急な傾斜だったのか…」と、
驚いた経験はありませんか?

実は、ゴルファーが立っている地面を傾斜と感じさせないことは、
コース設計における重要なテクニックなのです。

つまり、アイアンのコントロールミスをなくし、90の壁を突破するには、
このコース設計者が仕掛けた罠を攻略しなくてはならないのですが…、

では、傾斜を完全攻略するには?
いったいどうすればいいのでしょうか?

続きは、今すぐこちらのページをご覧ください。
>> http://m-md.net/info/qt90

桑田泉のクォーター理論 上級編 80切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット
>> http://m-md.net/info/qt80

桑田泉のクォーター理論 実践編 90切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット
>> http://m-md.net/info/qt90

桑田泉のクォーター理論 ~100切りゴルフの準備とコース戦略
http://m-md.net/info/kuwataizumi

http://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2018/12/90-DVD.jpghttp://golf.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2018/12/90-DVD-225x150.jpgtom桑田泉のクォーター理論http://m-md.net/info/qt90 ←どんな傾斜でも的確に当てるアイアン、しっかりと 2打で上がれるパッティングが、思ったままに打てるようになるための、画期的なゴルフ理論がここにあります。 もしあなたが、「ゴルフ中毒」で、 「90の壁を破りたい!」と強く思っているのなら、今回のご案内はとても重要です。 なぜなら、多くの方が同じように再現できる方法で、 「90切りを当たり前」にする技術を習得できるチャンスだから。 ドライバーショットも、そこそこ安定している。調子が良いときは、2パットであが。 そこまで技術を習得しているあなたが、なぜ、「90の壁」を破れずにくすぶり続けているのか? その答えは、あなたが、「ある2つの技術」をまだ習得できていないことにあります。 桑田泉のクォーター理論 上級編 80切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット >> http://m-md.net/info/qt80 桑田泉のクォーター理論 ~100切りゴルフの準備とコース戦略 >> http://m-md.net/info/kuwataizumi 今から、あなたの90切りを阻む原因を明らかにし、 その解決方法をこのページでお伝えさせていただきます。 きっと、あなたほどゴルフが好きな人なら、 ・曲がりさえするが、ドライバーショットは、そこそこ安定している ・調子が良いときは、2パットであがれる ・パーも、1~2個は取れる など、方向も、距離も、ある程度は正確に打てる技術は、すでに習得済みでしょう。 それなのに、なぜ、90の壁が破れないままなのか? それは決して、あなたにセンスがないからでも、練習不足だからでもありません。 もちろん、使っている道具が悪いというわけでもありません。 あなたが、どれだけ練習をかさねても90を切れずにいるのは、 90切りに必要な的確なアドバイスを、 誰もあなたに教えることができなかったからです。 思いだしてみてください… あなたが、これまで学んできたゴルフは、 「ボールをよく見ろ」 「ボールに直接当てろ」 「フォローで打て」 など、こんなアドバイスではありませんでしたか? きっと、耳が痛くなるほど、何度もおなじアドバイスを聞いてきたことでしょう。 事実、上手い人たちは、みんな口を揃えておなじようなアドバイスをしますが、 これらは、あなたが90の壁を破るうえで、「すべて不要」なアドバイスなのです。 それどころか、あなたの上達を遠まわりさせているだけ。 では、あなたが90の壁を破るために必要なものとは、いったい何なのか? 今から、そのすべてを明らかにします。 なぜ今回、「90切り」がテーマなのか? ・スライスやザックリ、トップでスコアがまとまらない… ・音はいいのに、ボールは飛ばない… ・肝心な場面で、チョロしてしまう… ・新しいクラブを買って期待したけれど、 ・あまり飛距離は変わらない… ・あり得ない場面でOBしてしまう… 極めつけは、ワンオンしてからの3パット。 「もういいや…」と思って投げやりに打った10センチのパットまで外してしまう…。 あなたにも、心当たりはありませんか? 練習場ではあんなに良いショットができたのに、コースではボロボロ…。 その結果、90どころか100以上叩いてしまった、 という方があまりにもたくさんいらっしゃいます。 そこそこ上手くなってきたのに、なぜ、こんなミスが続くのか? それは、ドライバーなどのショットの腕を磨くことばかりに力を入れ、 「90を切るために必要な技術の習得」が、まったくできていないからです。 思いだしてみてください。 あなたは、練習場へいけば、ドライバーをブンブン振りまわし、コースに出れば、 ろくにパットの練習もしないで回る、なんてことをくり返していませんか? これでは、永遠に90の壁は破れません… その理由は、「スコアを良くする練習」をまったくしていないから。 たとえ、どれだけドライバーの飛距離が伸びたとしても、90の壁は破れません。 誰よりも飛ばしたところで、ドライバーは1ラウンドに「14回」しか打ちません。 90切りは、170~200ヤード程度飛ばせるのなら、もうそれだけで十分なのです。 ■あなたが、90を切りたいと思うなら、それよりも重視すべき大切なことがあります。 それは、90切りに必要な「2つの技術」を徹底的に磨くこと。 その技術とは、 正確にボギーオンするアイアンの技術 必ず2パットで上がれるパッティングの技術 この2つです。 90切りは、ボギーオンで十分 全ホールをボギーでプレーすれば、スコアは90になります。 つまり、90を切る(80台でまわる)には、 「ボギーオン」を目指さなくてはなりません。 各ホール2パットを基準にすると、「90-36=54」、 1ラウンドのショット数を54以内にすれば、90を切る可能性は、 かなり高くなりますよね。 そのなかで、たった1つだけ「ラッキーなパー」を取れば、スコアは89になるので、 無理してドライバーで距離を稼がなくても、簡単に90は切れる計算になります。 90切りには、ボギーオンで十分。 頑張ってパーを狙って大叩きすることはないのです。 「あと20ヤード飛びさえすれば…」と、悩んでいるあなたは、 何も無理をしてまでドライバーの飛距離を伸ばそうとする必要はないのです。 90の壁を破れずに悩んでいる方の多くは、 正確にボギーオンするアイアンの技術 必ず2パットであがれるパッティングの技術 この2つの技術をほとんど練習していません。 その重要性は、十分に理解していながらも…、です。 その結果、ドライバーの飛距離を伸ばす練習ばかりに時間を費やし、 スコアに直結するこれらの練習は、後まわしにしてしまっているというわけです。 あなたにも、心当たりがありませんか? これは、本当にもったいないことです。 あと2つの技術さえ習得してしまえば、 あなたは、安定して90を切れるようになるのですから。 だからこそ今回、あなたにこの2つの技術をマスターする方法をお伝えしたいのです。 詳しくは、今すぐこちらのページをご覧ください。 >> http://m-md.net/info/qt90 ■練習場では上手く打てたとしても、 そのイメージでスイングしても、コースではアイアンが崩れてしまう。 きっと、あなたもこんな経験をしたことがあるはずです。 でもなぜ、こんなことが起こるのか? それは…、 コース設計者の仕掛けた罠にハマっているのです ゴルフコース設計者の仕掛けた罠とは何か? その正体は、傾斜です。 言うまでもなく、2打目以降のすべてのショットには、 大なり小なり傾斜がありますよね。 実は、この傾斜が、練習場のマットの上では上手く打てるのに、 コースになると崩れてしまうという問題を引き起こす一番の原因なのです。 もし、アドレスを構えたとき、カラダが斜めになっていると感じるほどの 急な傾斜であれば、あなたも傾斜を意識して、注意深くアイアンを振り下ろすでしょう。 でも、グリーンからフェアウェイを振り返ったとき、 「うわ、さっきのコース、こんな急な傾斜だったのか…」と、 驚いた経験はありませんか? 実は、ゴルファーが立っている地面を傾斜と感じさせないことは、 コース設計における重要なテクニックなのです。 つまり、アイアンのコントロールミスをなくし、90の壁を突破するには、 このコース設計者が仕掛けた罠を攻略しなくてはならないのですが…、 では、傾斜を完全攻略するには? いったいどうすればいいのでしょうか? 続きは、今すぐこちらのページをご覧ください。 >> http://m-md.net/info/qt90 桑田泉のクォーター理論 上級編 80切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット >> http://m-md.net/info/qt80 桑田泉のクォーター理論 実践編 90切りゴルフの準備とコース戦略 コンプリートセット >> http://m-md.net/info/qt90 桑田泉のクォーター理論 ~100切りゴルフの準備とコース戦略 http://m-md.net/info/kuwataizumi国内女子ゴルフツアー、国内男子ゴルフツアー、PGAツアー、LPGAツアー、ゴルフスイング動画、ゴルフレッスン動画、人気ゴルフ番組など最新のゴルフ動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。